ランサーエボリューション,チューニングファンサイト
Auto convert English version of this homepage
三菱ランサーエボリューションファンサイト(ランエボ7,8,8MR,9,9MR,ワゴンなどのCT9A系)
スポンサードリンク

レイズ ボルクレーシングVOLKRACING CE28N19インチ装着

ランサーエボリューションにRAYSのVOLKRACING CE28N(鍛造1ピースホイール)を装着しました。レイズのボルクレーシングは走り屋のみならず本格サーキットでのタイムアップやドレスアップにも定番のホイールで装着率もレイズのホイールの中ではベストセラーのTE37に並んで非常に高く人気のホイールとなっています。

※RAYSのTE37は、15インチの最軽量ホイールが3.7kgという重量であることからのネーミングだそうです。ちなみに軽量ホイールでは、タケウチプロジェクトのCP035が最も軽量とされているホイールで、重量が3.5kgだそうです。

今回装着したのはランサーエボリューション用のオフセット+35という19インチのホイールです。ランサーエボリューションのホイールとしては大きめの235/35R19になり、リムは8.5J、乗り心地や経済性などは多少犠牲にはなるものの、グリップ力と見た目の派手さに掛けては、低扁平ということからかなりの犠牲の多いチューンになります。(ランサーエボリューションの純正ブレンボキャリパーにもまったく干渉せず問題なく装着できます)

価格面でもRAYS VOLKRACING CE28Nの19インチは、20万円以上するため今回タイヤをPOTENZA 01Rにした為30万円を越す出費となりました。しかしながら見た目はノーマルのランサーエボリューションとは格段に見違えるようになりました。

エボには軽量ホイールが主流ですが、このCE28Nも軽量で19インチの大経口という点を考えると、アルマイト仕様のカラーで、ブラックのランサーエボリューションに、とてもいいマッチングのカラーになっています。他にもCE28Nには、ゴールドとチタニウムシルバーのカラー設定がありますが、現在一番売れているのがブロンズとのことでした。

ランエボに19インチは少し大きすぎるかもしれませんが、やはり見た目の派手さを追求するならランエボでも19インチは装着しておきたいところです。(タイムアップや走行性能だけを求めるとやはり17インチor18インチでワイドタイヤを装着する方が良いようです)

VOLKRACING CE28N VOLKRACING CE28N VOLKRACING CE28N
VOLKRACING CE28N VOLKRACING CE28N
カテゴリー:改造・チューニング
スポンサードリンク
カスタム検索
最新情報
ブレーキパッド交換DVD
ランサーエボリューションブレーキパッド交換方法DVD
ブレーキパッド交換方法解説DVD!
人気の工具レスはこちら!
交換工具セットはこちら!
製作者から
スポンサードリンク
スポンサードリンク
モバイルサイト
ランサーエボリューションStationの携帯用サイトも公開中!
待受け画像無料プレゼント中♪
QRコードからアクセスできます!
QRコード
殿堂入りメールマガジン 無料!
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
殿堂入りしたまぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。
お名前 (ハンドルネーム可)

メールアドレス
(携帯電話アドレス不可)


ページビューランキング ブログランキング 人気ブログランキング
This website is powered by Movable Type 3.2